『レビュー』億万長者のお金を生み出す26の行動原則を読んでみた

スポンサーリンク




 

こんにちは。ビジスマのyukkyです。

今回の記事では「億万長者のお金を生み出す26の行動原則」についてレビューします。

以前は効率化オタクであるヨスさんの「光速パソコン仕事術」を大絶賛しましたが、今回の本はちょっと違った見解となります。

結論を言うと、この本を読んで価値があるという人はかなり限られています。

逆に、一部の人にはおそらくドンピシャとなる可能性があります。

まず、この本は「ダン・S・ケネディ」というアメリカで数々の実績を上げた起業家の書いた本であります。

しかし、値段が3700円というちょっと高めです。

本をいざ買うとなると、それなりに調査しないと買いたくない金額ですよね?

そこでこの記事ではこの本がどういった方に向いているかと、おおまかな内容について解説していきます。

 

筆者 ダン・S・ケネディとは?

まず最初に筆者のことを紹介します。

ダン・S・ケネディ 引用元:ダイレクト出版

 

起業家や社長、ネットビジネスも含めてマーケティングに関わる方であれば一度は聞く名前です。

ダン・S・ケネディは

  • コンサルタント
  • セミナー
  • 教材の販売
  • ビジネスコーチ

 

これらの活動をしている起業家であります。

セミナーとしては今までで2000回以上実績があり、セミナー1回の金額は2000ドル(約22万円)から1万2000ドル(132万円)とかなり高額です。

そんな高額なセミナーでも応募が殺到するのは、これまで数々の功績をあげると同時に、彼が手掛けた企業も成功を収めていったからです。

実績のを出すと、2007年に9通のセールスレターを書いて、それぞれが1億円以上を稼いだというまさに桁違いの成果を出す方です。

アメリカでもここまでの人材は少ないため、「億万長者メーカー」や「21世紀のナポレンヒル」とも呼ばれています。

どんなことが書いてあるのか

「億万長者のお金を生み出す26の行動原則」は全3章に分かれているのですが、メインは第1章の「億万長者のお金を生み出す26の行動原則」となります。

第一章といいながら7割ぐらいはこの行動原則について書かれています。

おおまかな内容としては、お金を増やすために何をすればいいかを26個の見出しをつけて解説されています。

日本の書籍のように「まとめ」や「ワンポイント」のような書き方がないので少しわかりにくいという印象です。

その分見出しがはっきりとしているので何が伝えたいかはある程度わかるのですが・・・。

 

この26の行動原則は具体的に「この商品を売る」とか「この手法をやる」とかいう本ではありません。

お金を生み出すための考え方を中心に書かれており、ある意味ヒントだけ書かれているような本です。

つまりこの本を読んで、そのあとは自分で考えて行動ができる人でなければ価値が全くない本になります。

 

また、26の行動原則では意図的にお金を稼ぐという言葉は避けられており、「富を引き寄せる」という言葉で何度も説明されています。

この本を3回ほど読んだあとの僕の解釈としては

お金を稼ぐ・・・労働して苦労して必死に稼ぐ

富を引き寄せる・・・それだけの行動をし、価値のある人間には富(財産)ができる

似ているようで少し違います。

お金を稼ぐとは、必死に会社で働くことを連想されます。

そして、本書にも書かれていますが収入はその場だけであり、なくなってしまいます。

未来預金ともこの本では解説されていますが、正しい行動をし、意図的に貯蓄をしていかなければ蓄えていかなければ富は増えていきません。

僕が読んで勉強になったことを厳選して解説します。

 

行動原則3個目「お金儲けと精神性を一緒にするな」

「市場はフェアではない」「お金には善も悪もない」この言葉はすごく芯に響きました。

ここで書かれているのは、お金は所詮だたの紙切れだということです。

あながた毎日何時間努力して、人よりどれだけ頑張ったとしてもそれが富を引き寄せる理由にはなりません。

悪行をしている人にお金が流れることはありますし、努力した人がボランティアで終わることも多々あります。

お金とはどういうものであり、どういうものではないかという本質や、お金が持つパワーや。あるところから別のところへどんなふうに動いていくのかを。しっかり理解する必要がある

26の行動原則より引用

 

つまりどんな人助けをしてもあなたが億万長者になる理由とはなりません。

どうやったらビジネスで成功し、人がなぜお金を払うかを追求し、正しい方向に行動しなければ富は増えなんだと考えられます。

 

行動原則10個目「機会をまたずに行動せよ」

この本にも記載されていますが、億万長者には極めて平凡的な人間も多いとのことです。

僕は実際に億万長者の領域になった人と話したことはありませんが、多くの億万長者は「ゼロから成功した」と書かれています。

そしてその成功者の必ず行動をしています。

特に僕が心を惹かれた分は以下の文です。

誰でも素晴らしいアイデアを持っている。誰にでも隠れた才能や能力がある。

だが、それを実行する人はあまりに少ない。しっかりと肝に銘じて感じてほしい。

26の行動原則より引用

 

僕もそうでしたが、大金を稼ぐ人って特別な才能や生まれながらの才能を持っていると思ってしまいます。

しかし、数々の成功者を生み出したダン・S・ケネディさんがこの発言をしてくれると自分の可能性を信じる気になりますよね?

行動原則20「自らの値打ちを高めよ」

ここに書かれた文章は読んだと数日間脳に焼き付きました。

あなたが社長や管理職であればこんな人はいませんか?

「これだけ頑張っているんだから給料を上げてくれ」

 

あなたが一般社員であればこう思ったことはありませんか?

「何で自分の給料が上がらないんだ」

 

26の行動原則ではこう書かれています。

ある業務の担当年数や勤続年数が長いからといって、その人がした仕事の値打ちが上がることにはならない

行動原則26より引用

一般的には勤続年数が10年や10年と上がるにつれて給料が上がるのは当然だと思われます。

しかし、勤続年数が20年の人が10年の人より価値がある仕事ができるという保証はありません。

 

本書で従業員の賃上げ要求に足して行った実例が非常におもしろかったです。

 

<事例>

「わかりました。あながたこのプログラムに入会し、このセミナーを受講し、この教材で勉強するなら、賃金を上げましょう。勉強が終わってからではなく、始めた時点で正式決定します。3つとも始めたら、正式に賃金を上げることに決めましょう。」

これでなんと14年も賃上げをしなくて済んだとのことです。

 

また、価値がある人間は自然と富が引き寄せられます。

  • 専門知識
  • 専門家としての地位
  • スキル
  • 生産能力
  • 効率
  • 有効性
  • 計画性
  • 影響力
  • 人間関係
  • 知名度
  • 評判
  • ビジョン

 

これを見てなんだか納得しませんか?

どれか一つでも特化して優れていたら、自然とその人は周りから求められる存在へなります。

 

 

本書を買うのにおすすめの人は?

「億万長者のお金を生み出す26の行動原則」をおすすめできる人以下の通りです。

  • 投資家・起業家・社長
  • 大金を手に入れたい人
  • 本を3回以上読んで行動できる人
  • この記事を読んで共感した人

 

まずはこの本は起業家や社長さん向けの本です。

そして、ネットビジネスなど一人で成果を出したい人にも向いています。

しかしこの本はあくまでヒントを与えてくれる本という印象ですので、この本を読んだ後に自分なりに解釈して実行する必要があります。

また、僕の場合は3回読んでやっとこの本の良さが分かったような状態です。

なので1回しか読まない人にとっては「買わなければよかった」という本になります。

 

また、起業家や社長さんでなくてもこの記事を読んで共感した人も必ずいるはずです。

この記事で共感された方は本の購入に向いている方です。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

今回の記事では億万長者のお金を生み出す26の行動原則についてでした。

本の値段が高い分、誰にでも「この本はすごい!」と期待されそうですが、実際はこの本の価値は読む人によって大きく変わります。

全く共感を得なかった場合はほかの本をお探ししてください。

逆に、あなたがこの記事を見て「気になる」と思ったのであればすぐに購入してください。

ダン・S・ケネディさんは実際にいくつもの会社に対して実績をあげ、1回100万円などの破格のセミナーでも応募が殺到する実力者です。

ビジネス書は読めば読むほど必ず力になるのでどんどん読んでいきましょう!

 

億万長者のお金を生み出す26の行動原則

※90日間返品保証付き

・億万長者の生み出す26の行動原則を見に行く

 

おすすめのポイントサイト

モッピー

モッピー!お金がたまるポイントサイト

広告還元率、ゲーム、全てが高レベル!

げん玉

ゲームで楽しく貯めるならげん玉!

ちょびリッチ

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

楽天市場を利用するならちょびリッチがおすすめ

スポンサーリンク




新着エントリー

おすすめ記事

海外に行くならグローバルWi-Fi

スーツケースの選び方

モッピーの安全性

大人気ちょびリッチ

げん玉って?